各国のドルの関係と特徴



yfs987s ・ドルと呼ばれる通過を使っている国は一つではなく、複数の国で使用されています。とはいえ、一般にドルとはアメリカドルのことを指して使われるのが普通です。アメリカドルは世界中において基軸となる通貨ですから、為替取引市場においては他の通貨と比べものにならないほど多くの取引量を誇っています。ですから通貨の取引においてドルが常に中心的な位置をしめていますし、為替変動に非常に大きな影響を与えています。為替相場を含めてほとんど全ての通過取引がドルを中心としてうごいていますから、「ドルvs他の国の通貨」という構造が基本となっています。そのためドルが変動すると、他の国の通貨も同じように変動することがよくあります。一例としてヨーロッパ通貨とオセアニア通貨が同じような動きをしていることがありますが、これは2つの通貨に関係があるというよりも、全ての通貨がドルと連動しているからです。

・為替相場に大きな影響を与える一つの要素に、金利の動向をあげることができます。金利に動向があるのは、アメリカの中央銀行であるFRBが金利操作を行なっているからです。この金利操作がドル相場の変動に大きな影響を与えています。このFRBの中でも中心的な組織となっているのはFOMCですが、ここでは政策金利を意味するFFレートの誘導目標を決めたり、公開市場操作をしたりしています。このFFレートはアメリカの金利全体に影響を与える重要な指標です。さらに中期国債の代表的銘柄である米国債2年ものの利回りが、ドル相場との相関性にさらに大きな影響を与えています。

為替相場の予想において、FFレートや中期国債利回りなどの動向は非常に大きな影響を与える要素であり、為替市場で最も注目される指標の一つといえます。雇用統計や個人消費支出と重視して、FRBが金融政策を決定します。金利政策が発表される前には通信社などから市場予想値が発表されますし、金利政策が決定され発表される時間も決まっていますから、投資家はこの発表を待ってから取引に反映することができます。もし事前の予想と実際の発表に大きな差がある場合には、為替相場の大きな変動要素となることがあります。こうした大きな変動が生じる時に適切なポジションを保持しているなら、上昇トレンドに乗って大きな利益を得ることができます。それとは逆に自分が予想したのとは違う方向に動くこともありますから、FX攻略法のために大きな損失には十分に注意したいと思います。

・ドルの為替レートに大きな影響を与える要素に、アメリカ政府の為替政策があります。プラザ合意といった歴史的に大きな出来事だけではなく、通商政策の手段として使われることもあります。ドル安になりやすくなる出来事もありますが、その一例として大統領選挙の時期の自動車輸出産業への配慮などがあります。また経済指標や金融政策が、ドルの動向に大きな影響を与えることがあります。全体的な流れが為替政策を感じ取ると、相場が大きく動く原因となったり大きく反転することがあります。ドルが短期的に動くと、アメリカの金融政策や経済指標が大きな影響を受けますが、為替市場も影響を感じ取ると特定の方向に大きく動くことがあります。

・アメリカドルは世界中の為替取引の中心となっており、FXの取引きにおいてもドルが中心銘柄となっています。インターバンク市場と比べてみても差は大きくなく、FX海外においてドルのスプレッドは非常に狭く設定されています。この中心銘柄であるドルは、超短期売買から長期売買まで様々なトレードに対応することができます。