FXと通貨



 FXは通貨を銘柄にしている金融商品ですので、まずは通貨についての知識を持っておくことは取引きをする際に役に立ちます。
とくに「基軸通貨」を巡っての遍歴と考察は、包括的かつ長期的な視野で外国為替市場の動向を読み解いていく「ファンダメンタル分析」を行うためには、必要な考え方になっていきます。

基軸通貨とは、国と国の間で取引きをする場合に、その基軸になる国の通貨のことを言い、どちらが基軸になるのかという判断では、通貨の安定性、信頼度などが高い方が選択されます。
現在の世界経済においては、広義として基軸通貨はアメリカ合衆国が発行する米ドルになっています。
これは、米ドルが流通量も取引量も世界一のシェアを持っており、様々な国家間の貿易の際に決済に使われ、経済不安があった時などは資産の逃げ道などとして買われることが多く、信頼度の安定性も高いことを示しています。

もちろん、昔から米ドルが基軸通貨であった訳ではありません。初めての基軸通貨はイギリスのポンドでした。
19世紀に産業と経済とを発展させたイギリスは、工業製品を大量に海外に輸出することで世界を席巻し、1816年に金とポンドの価値を固定し、ポンド紙幣を発行してそれと金を交換できることを保証した事で、英ポンドの信頼がしっかりと裏付けられ、世界中で同等の価値で使用できるポンドは基軸通貨となったのです。

しかし、そのポンドを発行するイギリスにも第一次世界大戦などにより陰りが見え始めました。それに代わって世界経済の舞台に台頭したのがアメリカで、20世紀の初頭から広大な土地と資源と工業力をもってしてイギリスを簡単に抜き去り、第二次世界大戦の終わりにはそれは決定的になりました。
第二次世界大戦終了後の1944年、世界の経済を安定させる目的で新しい国際通貨についての話し合いが行われ、それを管轄する「IMF(国際通貨基金)」の設立とともに、世界で最大の流通量を持っていた米ドルが基軸通貨となったのです。

IMFの設立後は、金のに対する通貨の交換比率を固定させる「固定相場制」がルールとなりアメリカが金1オンスに対して35ドルで交換することに固定をしたのを受けて、その他の国の通貨の価値も対米ドルで固定されるようになります。ちなみに、このころの日本の相場は1ドル350円の取引きで固定されていました。

その後、膨らんでいく一方であった貿易赤字を支えきれなくなった米国は、1971年に、この金1オンスに対して35ドルという交換を取りやめてしまいます。
金との固定で裏付けられていた米ドルの価値は、これであやふやなものになり、それまで固定相場制であった外国為替相場は、お互いの国家間の通貨の価値を状況によって擦り合わせていく変動相場制へと変化していきました。
絶対的な尺度としての金の裏付けを失った米ドルでしたが、その時には世界中の国々が米ドルを貿易などに使用しており、圧倒的な流通量を持っていたため、そのまま基軸通貨として残り世界の基準となる事になったのです。

その後、バブル景気に沸いた日本の円が、貿易赤字に苦しむ米ドルに代わり、次の基軸通貨なるのではと囁かれながらも、バブルの崩壊で大きく失墜したり、第二の基軸通貨として立ち上げられ米ドルに迫る勢いを持っていたEU加盟国などのユーロも、度重なる債務危機によりいまでは大きく減速をしています。
現在では、中華人民共和国の人民元がブラジルなどとの貿易関係を密にして、基軸通貨の交代を狙うべく国をあげて調整を図っている状況が見て取れ、人民元の自由化がカギであると目されています。

このように、基軸通貨の遍歴を取ってみても、FXでよく取り引きをされる米ドル、ユーロ、円、ポンドの関係性が見えてくると思います。
また、通貨にはそれぞれに発行される国や地域の動向や歴史、近隣諸国の関係性なども色濃く表れ、相場の変動の根本の要因ともなっていますので、こうした事も知識として取り入れておくと、取引きの役に立つと思います。